YABAEVE

今、話題のヤバいイベントを紹介します!

ジャニーズが結婚できない理由~ジャニーズ事務所の結婚ルールを徹底検証~ 

10代~20代の女子で、「ジャニーズ」という言葉を知らない人はいない世の中だが、そのジャニーズのメンバーがなぜか結婚していない。

10代~20代のファンとしては「結婚なんて絶対しないで欲しい」という気持ちもあるかもしれないが、「カッコいい」「面白い」「努力家」など、男として必要な条件をほとんど満たしている彼らが”なぜ”結婚できない(しない)のか不思議にはならないだろうか?

一般的に考えると、真っ先に結婚の文字がメディアに出てきても驚かないはずなのだが、なぜか「ジャニーズ結婚」を目にする事はごく稀である。

今回は、そんな「ジャニーズが結婚できない理由」を徹底的に検証していく。

ジャニーズ事務所 結婚のルール

アイドルとして生きていく為には、ファンに愛され続ける事が大切。

だから、ジャニーズ事務所としては結婚は禁止なのだろうか。

いやいや、そんな事はない。
実際に、ジャニーズで結婚している人もいる。

そうして調べているとこんなルールが出てきた。

グループ内で結婚できる人は1人だけ説

しかし、この答えは「No」だ。

また、こんなルールも見受けられた。

結婚するのは「1年に1人だけ」説

これも、実際にこのようなルールは設けられていない。

しかし、上記のようなルールは存在しないが、ジャニーズ事務所が本人の結婚に関与している事は認めている。

これをひも解く事で、ジャニーズが結婚できない理由が解明された。

ジャニーズが結婚できない理由

ジャニーズはファンを獲得して”ナンボ”の商売。
つまり、結婚する事でファンが離れていけば、自分自身が食べていけなくなるのはもちろん、他のメンバーにまで悪影響を及ぼしかねない。

なので、ジャニーズのメンバーが結婚するということは、結婚する者同士の問題だけではなくなる。

このような理由から、ジャニーズ事務所が結婚に関与してくる。

つまり、本人が結婚を望んだとしても結婚によりファンが離れてしまう可能性が大きければ、ジャニーズ事務所的にはOKを出す事が難しくなる。
そうなると、本人としてはジャニーズを辞めるか結婚を諦めるかの二択となってしまう。

しかし、ジャニーズ全員が結婚できないわけではない。

ジャニーズで結婚している人のまとめはコチラ

ジャニーズで結婚した人の中にも、事務所に認められて結婚したケースと、事務所に認められずにジャニーズを辞めて結婚したケースがある。

認められたケース 井ノ原快彦(V6)
認められなかったケース 赤西仁(元KAT-TUN)

などが挙げられる。

では、一体どのようなケースであれば事務所に認められて結婚できるのか?

興味深いコメントを発見した。

「現状のファンがどのぐらい残るか、結婚を機に活躍の場をどう移せるか、事務所を納得させられたタレントだけが結婚できると言ってもいいでしょう。いわば、結婚をプラスに変えるのが条件。事務所からは相当厳しいことを言われるようで、『いまのファンが10分の1になってもやっていけるの?』『売り上げはどう確保するつもり?』など詰問されるようです。(芸能ライター)
引用:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110509/Cyzowoman_201105_post_3545.html

つまり、ジャニーズ事務所のお偉い方に、結婚する事がマイナスに作用しない、むしろプラスになるという事を説明し説得する事ができれば、事務所にも認められた上で結婚ができるようだ。

しかし、ジャニーズともなれば仕事の種類はたくさんある。
ニュースの司会、バラエティーの司会をする人もいれば、バックダンサーを専門としている人もいる。

そんな中で、結婚をプラスに変えられる活動に切り変える必要も出てくる。

V6の井ノ原快彦が結婚を事務所に提案した際の言葉が興味深い。

結婚後は、『よき夫キャラで、生活者としての目線を出せる司会業を中心にやっていきたい』
引用:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110509/Cyzowoman_201105_post_3545.html

井ノ原は結婚後、2010年3月から朝の情報番組『あさイチ』(NHK)でMCを務め、番組そのものとともに自身の評価も高めた。

また、特異なケースもある。2011年にジャニーズjrで結婚した中江川力也という人物。

ジャニーズ事務所所属の4人編成バンドで、ジャニーズJr.内のユニットの一つであった「FIVE」というグループのボーカルだったのだが、ジャニーズjr時代に結婚。

当時彼は27歳で、当時のグループはバックバンドの道で活動していた。

「彼らのほとんどはすでにデビューを諦め、その道に徹する覚悟を決めているはず。そういう子たちには一定の給料が支払われているようですし、ファンの有無による影響も少ない。だとすれば、結婚して家庭を築くという選択をする子が現れてもおかしくはないでしょうね。事務所側も、以前であれば結婚・入籍=退所が当然でしたが、現在は20代後半でも飼い殺し状態にしているJr.が山ほどいますから、少しずつ態度を軟化せざるを得ないのかも」(ジャニーズに詳しいライター)引用:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110509/Cyzowoman_201105_post_3545.html

逆に結婚に踏みきれなかったのがV6坂本昌行。

「坂本は近年、ミュージカルや舞台に活動の場を求めているんですよ。昨年は東宝ミュージカル『ZORRO THE MUSICAL』のオーディションを受けて、主役を射止めました。舞台になると、どれだけ自分のファンを観客として引っ張ってこれるかが勝負。それ以前から中澤との破局はささやかれていましたが、これで彼の中では結婚をあきらめたんだろうと記者の間でも話題になりました」
引用:http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20110509/Cyzowoman_201105_post_3545.html

と、事務所側もジャニーズだから結婚禁止とするのではなく、メンバーやファン層に応じて柔軟に対応しているようだ。

結婚相手の条件

ジャニーズ事務所が結婚に関与するのは結婚相手にも及ぶ。
結婚相手としてイメージを崩さないなどは前提として、こんな「暗黙のルール」が存在するようだ。

ジャニーズの嫁「暗黙のルール」


夫との結婚生活をアピールするのは控える
仕事の内容は口外しない


このように、ジャニーズの嫁としてジャニーズ事務所のルールを守れるような女性でなければ事務所側もOKを出すことは難しいようだ。

ジャニーズが結婚できない理由まとめ

調査してみると、ジャニーズが結婚するには、ジャニーズ事務所に如何にして承諾をもらうかが重要となってくる。

本人の今後の活動を踏まえた上で、ファンに納得してもらい、事務所にも納得してもらう。
なおかつ、結婚相手にも納得してもらう必要もある。

そう考えると一般人と結婚するよりも結婚のハードルは格段に高くなり、ジャニーズがなかなか結婚できないのも納得できるのでは?

あなたにオススメの記事

 - Johnny's , , ,